動画編集に必要なスペック

ビデオカメラで撮影した動画の編集やボカロPや歌ってみたをやっていて自身でオリジナル動画を制作したい人は増えています。動画編集や3DCGなどの制作をする際に使用するソフトはマシンパワーがどうしても必要になってきます。これから動画師になりたいと思っている人や駆け出しの動画師の人など様々な人がいると思います。動画制作をしているとでてくるのが今のパソコンではスムーズに制作ができないなど、動画制作を行っていると色々と性能面で問題です。ゲームPCおすすめメーカーでGeForce搭載デスクトップを買うか、BTOの映像編集用Quadro搭載モデルを買っておけばとりあえず安心です。

そこで、プロの動画師がどういう環境で動画制作を行っているのか紹介します。これから動画師を目指す人や動画制作に慣れてきたからそろそろ、本格的にプロと同じ環境で腕を磨きたいという人など参考にしてみてください。

まず、動画は1秒間に24~30程のフレーム(コマ)で構成されています。高性能な動画を作りたいと思ったら1秒間に60フレーム必要になり、これは低スペックやノートパソコンなどマシンパワーが弱いものだと作るのは困難になります。

動画は1秒間に24~30枚程の静止画を順番に表示させるパラパラマンガです。静止画以外にもMMDなど3DCGで制作した動画などもあります。動画師が多い動画サイトと言えばニコニコ動画です。やはり中でもボカロ曲が多いですよね。歌い手さんの場合、始めたばかりの人は自分で動画も制作するという人は少なく、人脈が増えたことで動画師と知り合い自分オリジナルの動画(PV)を作ってもらうという人が多いようです。

ニコニコ動画を見ていると色々なタイプの動画があります。
・1枚のイラストや写真(静止画)に曲に合わせて歌詞を入れる
・複数のイラストをスライドショーにして曲に合わせて歌詞を入れる
・動画素材にエフェクト効果などを入れてる
・実写動画を編集する
・MMDなどの3DCGソフトで動画を作る

1枚のイラストや複数でのスライドショーに曲に合わせて歌詞をつけるのは初心者に多く、一番簡単です。比較的初心者の方でも短時間で作れるため、動画ソフトに慣れるための練習にはもってこいです。何事も練習あるのみなので、ソフトに慣れたらどんどん高度なものが作れるようになってきます。では、高度な動画制作をする際に必要なパソコン環境の紹介です。

OS

OSは必ず64bitのものを選べば、後は自分の使いやすいもので大丈夫です。64bitは32bitと比べて実装できるメモリ容量が全然違います。また、高性能な動画制作ソフトは64bitでしか対応していないので注意が必要です。

CPU

動画制作がスムーズに行いたいならCPUは高性能なものがいいです。CPUの性能=処理能力なため、高性能なものになればなるほどストレスなくスムーズに作業ができます。Intel core i3~i7の中で予算と相談しながら選びましょう。できれば、Intel core i7 4770kが望ましいです。

メモリ

動画制作はモーションを作る→プレビュー(確認)作業の繰り返しです。この繰り返しをサクサクするためにはメモリ容量が必要になります。最低ラインは4GB。できれば16GB以上が望ましいです。

グラフィックボード

グラフィックボードも動画制作の作業効率UPには重要になってきます。ただ、最新のものである必要性はないため、使用する動画ソフトに対応したものでVRAMは256MB以上のものを選んで下さい。

HDD

動画は長ければ長いほど容量が必要になります。HDDも性能がいいものが望ましく、少し高価にはなりますがSSD+HDDがいいです。SSDに使用するソフトを入れれば起動がかなり早くなります。HDDは1TBあるといいでしょう。SSDに関してはメーカーのキャンペーンなどを利用すると安く搭載させることができるのでおすすめです。

制作ソフト

動画制作ソフトには初心者~プロ向けのもの、無料・有料のものがあります。フリーソフトで有名なのは「AviUtl」。多機能でモザイクや色調補正などのエフェクトやプラグイン追加で機能拡張もできたりします。まずは、動画の仕組みを勉強したい人などにはおすすめです。

有償ソフトだと「Adobe After Effects」です。これはプロも使用しているソフトなのでエフェクトなどの機能も充実しており、簡単なものから高度なものまで幅広く作ることができます。ただ、それなりに知識が必要なので、フリーソフトである程度慣れたら購入を考える事をおすすめします。