TVゲームの実況動画を作成してYOUTUBEで配信したい!

数々の動画サイトにアップされているゲーム実況動画、素人の人でも楽しく実況している様子を配信しているとついつい見入ってしまいます。見入るだけでなくどうせなら自分のゲームプレイを面白おかしく配信できたら楽しいですね。と、いうことで自分の手持ちのPCでTVゲームの録画をして、実況を入れて動画配信してみよう。

注意点としてはゲームよっては動画配信を停止させられてりするものがあります。

・ゲームのストーリー等重要なネタバレを含むもの
・発売前のゲーム(フラゲにより手に入れたゲームなど)
・ゲーム会社より事前に配信しないよう注意喚起のあったもの
・著作権を大きく侵害するもの

上記に関わるような動画配信はやめましょう。なるべく誰でもできる環境で動画録画および配信したいと思うのでデスクトップPCに関わらず、ノートPCでも録画できる外付けの機器を扱いたいと思います。

今回紹介する外付け機器はHauppauge HD PVR 2 という外付け機器です。これがあればHDMI出力のゲーム機器とコンポーネント対応のゲーム機器の録画ができます。しかもHDMI出力もあるのでゲーム機器→Hauppauge HD PVR 2 →モニター&PC録画 と同時に行えるため録画機器では映像が遅延していても、モニターでは遅延の無いゲームプレイができるのでストレス無くゲームの録画ができるのです。

これなら、アクションゲームやレースゲームや格闘ゲームなど、反応速度の強いられるゲームも違和感の無いプレイを録画できます。実に快適にゲームを録画できるので安心です。

そして録画したゲーム動画には専用ソフトArcSoft ShowBizも同梱されているので動画編集や音声追加も簡単に行えます。特殊効果なんかも入れれるので、慣れてきたら面白い効果を使ってより実況を盛り上げてもいいですね。実況動画作成初心者でも一度に全てのものがそろってしまいます。ただ、実況にあたり、自分の声を入れるのか、または音声読み上げソフトでの音をいれるのかで違ってきます。声を入れるのに抵抗がある人は、そのまま文字を入れる編集をしても良いですね。

音声読み上げソフトは棒読みちゃんという無料ソフトがあります。勿論マイクを買ってきて自分の声で実況を録音しても良いですね。Apowersoft音声録音フリーツールという無料ソフトがオススメです。

録音した音声をArcSoft ShowBizを使って入れ込み完成した実況動画はYouTubeへアップロードします。YouTubeへのアップロードはYouTube に新規登録をして(すでに登録済みならログイン)ページの上部にある【アップロード】 ボタンをクリックして動画をアップロードいたします。ざっとですが簡単なゲーム実況動画公開方法です。生放送をしたいなら当然ある程度の回線が必要です。高画質な映像をアップロードし続けるのですから貧弱な回線では視聴者の画面がカクカクになります。別に光回線が必須というわけではありません。ポケットWiFiでも比較的大丈夫です。ただしリンク先に書いてあるとおり、ワイモバイルのようなポケットWiFiには制限があるため、WiMAXを選んでおくのがおすすめです。

あとは自分のセンスで、実況動画を盛り上げていけば人気ゲーム実況者になれるかもしれません、頑張ってください!!!